人気ブログランキング |

花舞妓の京都いいとこどり


<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



保津峡~高尾へ

11月23日祝日。数年前にも、同じコースを紅葉の季節に歩いたのですが、そのときの気持ちよさと景色のよさが忘れられず、今回は彼と一緒に歩いてきました。
JR保津峡駅で下車すると、駅付近からはこんな景色が広がります。
e0061694_03574.jpg

保津峡駅が、鉄橋の上にあるんですね~。
e0061694_04519.jpg

保津川下りの舟が、ゆるゆる下っていくのが、風情あります。
e0061694_05582.jpg

e0061694_05185.jpg

少し行くと、トロッコ保津峡駅があります。いいところへトロッコ列車がやってきました!
e0061694_063924.jpg

昔の山陰線は、このトロッコ列車の線路を使っていたそうです。トンネルが多いけれど、とても景色が良いのですよね。久しく乗っていませんが、春になったら、いちどトロッコ列車に乗るのもいいかも~、と思いつつ、今日は沢あるき~♪
e0061694_011054.jpg

魚が泳いでいるのが見えましたよ。こんな景色の中、岩の上で、お弁当。
花舞妓がおにぎりを作り、彼が玉子焼きとウインナーとスパゲティを持ってきてくれました(笑)。
e0061694_0152337.jpg

e0061694_015445.jpg

清滝の橋が見えてきました。
e0061694_0171366.jpg

e0061694_017308.jpg

持ってきたお菓子を、休憩しながら食べました。
それにしても、いい景色です。
川のひんやりした空気が、とても気持ちいいです。
e0061694_0215021.jpg

高尾に向かっていく途中です。そうそう、こんな景色があったなぁ~、と数年前の記憶がよみがえってきます。
e0061694_0233582.jpg

紅葉は前に見たときのほうがきれいだった気がします。今年は、もう散ってしまっている木やまだ紅葉していない木など、ばらつきが目立ちました。
e0061694_0253382.jpg

高尾の神護寺に行きました。石段がすごくって、息がきれて、大変でしたが、やっぱりここまで来たら、行かなきゃね。
e0061694_026991.jpg

e0061694_0315032.jpg

京都市内からほんの一歩出ただけで、こんな自然あふれる景色に出会えるところが、京都のよさの一つでしょうね。本当に充実した楽しい一日になりました。
by hanamaiko | 2008-11-30 00:45 | 京都府の写真


当尾(とおの)を歩く

京都府南部、もうお隣は奈良県というところに、当尾(とおの)というところがあります。
一瞬、とのお、じゃないの?と読み間違えそうですが、「とおの」または「とおのお」と呼ばれています。
京都の人でも知る人ぞ知る秘境へ、去る11月18日に行ってきました。
お天気もよし、体調もよし、薬もあるしで、通院をお休みしての一人歩きです。

当尾の見どころは、点在する石仏と、浄瑠璃寺、岩船寺です。
今回は「近鉄てくてくまっぷ」をダウンロードして印刷し、それに沿って歩くことにしました。
(もしルートに興味を持たれた方は、yahoo検索で「近鉄てくてくまっぷ 当尾」と検索すると出てくると思います・・・)

近鉄奈良駅からバスで浄瑠璃寺方面のバスへ乗り、西小(にしお)で降りて、そこからてくてく歩きを始めました。石仏がさっそくお出迎えしてくれました。
e0061694_22383972.jpg

e0061694_2238535.jpg

e0061694_2239543.jpg

e0061694_22392759.jpg


歩いていくと、浄瑠璃寺参道へたどり着きます。
ここの紅葉はきれいでした~~!!
e0061694_22404448.jpg

e0061694_2241045.jpg

e0061694_22412450.jpg

e0061694_22414398.jpg

浄瑠璃寺を後にし、こんな道を歩いていきます。
e0061694_22452139.jpg

仏様の右に見える穴は、常明灯をともすところなのだそうです。写真では見づらいですが、灯篭の形が線描きに石に彫ってありました。
e0061694_22473750.jpg

さて、この当尾の石仏の代表ともいえる、笑い仏です。1300年間ここで微笑み続けています。
本当にいいお顔で、出会えたときはとても感動でした。
e0061694_22501352.jpg

e0061694_23405991.jpg

山道になんとか石をおいているだけの急階段を上り、岩船寺へ向かいます。散策道になっているので、頑丈な手すりがついていて、助かりました。その途中に不動明王がいらっしゃいます。
e0061694_22532612.jpg

岩船寺のご本尊は阿弥陀如来なのですが、平等院や浄瑠璃寺の阿弥陀様よりも古いのだと住職さんが言っておられました。
境内の三重塔には、そばで見ると、なにやら不思議なものが・・・
e0061694_22581677.jpg

e0061694_22583233.jpg

お寺を離れると、だんだん人が少なくなってきました。
ものすごい山道になってきて、携帯の電波も届かなくなり、ちょっと不安に・・・
そんなところにたたずむ、三尊像です。
e0061694_2313520.jpg

山から下り、少し開けたところに出たので、やれやれと思ってのどかな風景を撮っていたら、トラクターのおじいさんに「あんたどこ行くん?」と声をかけられ・・・
e0061694_2341030.jpg

道を間違えていたことが発覚!危うく迷子になるところでした。ついでに六体地蔵の場所を聞き、なんとか国道へ出ることができました。おじいさんありがとう!
e0061694_2365765.jpg

六体あるのは、六道のいわれによるものだそうです。このお地蔵様の先にはお墓があって、そこに眠る人が迷わないためだそうです。
e0061694_23105922.jpg

やっと人が住んでいるところに出ました。山道の女ひとり歩きは、やはりちょっと怖かったです。
平日なので、余計人が少なかったのかも。。。
そうそう、この辺りではおもしろい無人販売を見かけます。土地でとれた芋や柿や野菜、はたまたお漬物まで、袋に入れて、くくって売られています。
e0061694_23165886.jpg

約6kmの道のりを歩き、また浄瑠璃寺に戻ってきました。バスに乗るためなのですが、発車まで1時間半あります。なのでまた浄瑠璃寺を散策することにしました。境内自由なのが助かります。
参道には、やはりくくり売りが・・・
e0061694_23203136.jpg

その付近で、飼い主を求めてさまよっていた子猫。花舞妓のひざや肩に乗ったり、コートの懐に入ろうとしたり、甘えっ子ぶりにびっくり。
e0061694_23225669.jpg

ちょうど日が差してきて、午前中とはまた違う雰囲気で写真を撮ることができました。
e0061694_23242798.jpg

e0061694_23244260.jpg

本堂の9体の阿弥陀様はとても立派なものでした。吉祥天女像も特別拝観で見られました。
午前中は、先を急いでいたので、本堂拝観はスルーしてしまっていたので、午後からこうして見られてよかったです。時間が余ったのも、何かのご縁でしょうね。
e0061694_23282670.jpg

当尾は、10年以上前から一度行ってみたかったところだったので、願いが叶ってとても満足な散策になりました。足も治って、元気のありがたみに感謝したいと思います。
by hanamaiko | 2008-11-29 23:42 | 京都府の写真


哲学の道から南禅寺へ

天気予報では雨でしたが、お昼ごろからとてもいいお天気になってきました。
足の調子は、薬のおかげでよくなったのですが、なんとな~くお尻に根っこがはえたような感じで、動けません。
花舞妓宅はただいま工事中。部屋の中はまっくらです。
「思いきって出かけてみたら?」という上司の声かけもあって、ひとり散策に出ることにしました。
e0061694_22474779.jpg

行き先は、哲学の道。ここなら方向音痴な花舞妓も、ぷらぷら散策できます♪
e0061694_22485850.jpg

銀閣寺道から南へ下がっていくことにしました。
e0061694_22495253.jpg

まずは法然院へ。
e0061694_22525796.jpg

e0061694_2253921.jpg

e0061694_22532484.jpg

京都の奥座敷というにふさわしい、品のいいお寺です。
e0061694_2255160.jpg

e0061694_22552115.jpg

e0061694_22553460.jpg

少しずつ西へ傾きだした光が、いい感じです。
e0061694_2256217.jpg

また、哲学の道に戻ります。次は大豊神社へ向かいます。
e0061694_22583459.jpg

e0061694_22591430.jpg

まずは有名な狛ねずみさん。
e0061694_2302019.jpg

e0061694_230331.jpg

そして、今日初めて気づいた、狛とびさんと狛さるさん。
珍しいペアですね!
e0061694_231448.jpg

e0061694_2315866.jpg

北のほうは桜が多いのですが、だんだん南に下がると、もみじも多くなってきます。紅葉はこれからがきれいかも。
e0061694_2342745.jpg

e0061694_2373432.jpg

e0061694_23102233.jpg

ちょっと疲れたな~と思いつつ、そのまま歩いていると、南禅寺にたどり着きます。
ここも、境内自由なので、ふらりと寄ってみましたよ。
e0061694_23134174.jpg

夕日に照らされたもみじと苔がとてもきれいでした。オレンジ色にあたたかく染まっていました。
e0061694_23153368.jpg

e0061694_23161021.jpg

南禅寺といえば水路閣。やっぱり見ておかなきゃね。
e0061694_23173646.jpg

絶景かな、の山門にさよならするころにちょうど日も沈み・・・
e0061694_2337269.jpg

気が重かったことも忘れて、思いっきり散策を楽しんだのでした。
昼から観光~なんて、京都に住めばこその楽しみ方ですね。
by hanamaiko | 2008-11-15 23:51 | 京都の写真


比叡山へ!

11月9日、二人で山へ紅葉を見に行こう、という予定になっていました。
その山というのも、伊吹山!
ですが、花舞妓が風邪をひいて病み上がりだということと、足の具合がいまいちなのとで、近場の山へと変更し、比叡山へ行くことにしました。

比叡山というと、すごく高い山というイメージですが、車でも行けちゃうし、電車などを乗り継いで山頂まで行くこともできます。
旅情緒を味わうために、今回は、京阪電車の「比叡山1dayチケット」というのを買いました。
1770円で、京阪・叡電・ケーブル・ロープウェイ・山頂周遊バスが載り放題!というのが嬉しいです。

叡山電車降りた「八瀬」の風景。
e0061694_116657.jpg

ケーブルで上に上がっていきます。
e0061694_1173595.jpg

ロープウェイからの眺め。お天気がよかったら、すばらしい眺めになったろうなぁ~。
e0061694_1182595.jpg

入り口にあった立派な菊をぱちり。
e0061694_1201545.jpg

延暦寺は紅葉がきれいでした♪
e0061694_1223192.jpg

e0061694_123746.jpg

e0061694_1232169.jpg

e0061694_12339100.jpg

e0061694_1244098.jpg
e0061694_1245497.jpg

e0061694_1251434.jpg

e0061694_1253993.jpg
e0061694_126248.jpg

e0061694_1293110.jpg
e0061694_1312596.jpg

比叡山から降りてきて・・・この切符、三条京阪で途中下車できるので、いちど降りて、京都でも抹茶パフェのおいしいお店「京はやしや」へ行ってきました。
e0061694_132565.jpg

比叡山は、結構冷えていて、かなり温かい格好をしていって、ちょうどよいくらいでした。
お天気がよければ・・・と悔やまれますが、またそのときには、季節も改めて行きたいものです。
紅葉きれいでしたが、見ごろは一週間後くらいかな~?と話しながら眺めました。
俗世を離れた山の空気、おいしかったです。
また、と~きど~き、いきたいものです。
by hanamaiko | 2008-11-15 01:38 | 京都の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧