人気ブログランキング |

花舞妓の京都いいとこどり


<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧



祗園祭 ◆四条傘鉾◆

人をできるだけ避けて、中京の山鉾のほうへ行きたいな・・・と思っていた途中、四条傘鉾がありました。ちょうどお囃子が始まるところだったので、花舞妓も陣取って見てきましたよ。
e0061694_372238.jpg

e0061694_37457.jpg

四条傘鉾は、綾傘鉾と同じく、傘の上に若松を飾ります。これは古い形態なのだとか。
e0061694_391669.jpg

聞いたところによると、幾度か火災で消滅してしまっていながらも、バブル期に某銀行の力添えにより、再興できたのだとか。
ここの見せ場は、棒振りばやしで、お囃子にあわせて子どもたちが踊ります。
e0061694_3113876.jpg

e0061694_31539100.jpg

e0061694_3164414.jpg
e0061694_3172237.jpg

棒振り囃子の前に、くじ改めをしてくれました。
e0061694_3301281.jpg

e0061694_3305180.jpg

e0061694_3311489.jpg

e0061694_3314014.jpg

e0061694_3321750.jpg

e0061694_3335625.jpg

お囃子が始まり、さっきの子どもたちが踊ります。ちょっと見えにくいのが残念!
e0061694_3351752.jpg

e0061694_3354777.jpg

e0061694_3361250.jpg

e0061694_3364476.jpg

e0061694_3373310.jpg

思わず力を入れて見入ってしまいました。
四条傘鉾の踊りは初めて見ました。
32基もあると、毎年見れる、聞けるお囃子が違って、それが余計楽しいです。
今年はいろいろ楽しませてくれたお礼に、ここのちまきを買って帰りましたよ♪
e0061694_3421077.jpg

by hanamaiko | 2008-07-17 03:44 | 京都の写真


祗園祭 ◆宵山◆

どこにどの山鉾があるのか、さっぱりわからないのですが、道を歩いていると、不思議と次の山鉾につきあたり・・・というのを繰り返しています。そんないい加減に歩いていても十分楽しめるのが、祗園祭の良さです。

今日は風もあって、わりと涼しい中、散策できました。
カメラも今日は気合入れました~♪
今回は「四条傘鉾」を別に取り上げるので、ここではそれ以外の山鉾紹介していきましょう。

e0061694_211209.jpg

今日もお囃子が聞けてよかった~!このデザインのセンスの良さ、何度見てもすごいですよね。日本が外国に誇れる文化だと思います。
毎年きれいにミニチュアが飾ってあるおうちです。巡行の順番どおり、毎年飾っておられます。
e0061694_212242.jpg

格子から覗くと、さらに大きなミニチュアが・・・
e0061694_2135218.jpg

e0061694_2141675.jpg

飾ってある屏風などを見て歩くのも楽しみのひとつ。
e0061694_217380.jpg

四条通りはこんな感じに鉾が建っています。東へ行けばいくほど人はいっぱい。
e0061694_2185413.jpg

e0061694_2174812.jpg

e0061694_219494.jpg

燈籠山は、かまきりのからくり人形があって、それが楽しいです。
e0061694_2205928.jpg

くじ引きのかまきりもいました。まわってくじを取ってくれるんですよ。
e0061694_2213020.jpg

e0061694_2232485.jpg

おっと、北観音山が、御旅所へ出かけていきます。
e0061694_2241937.jpg

e0061694_2244782.jpg

e0061694_2253285.jpg

かわいこちゃんたちを撮らせてもらって、今年の宵山は終了かな☆
e0061694_227369.jpg

e0061694_2274076.jpg

e0061694_228164.jpg

うふふ、ありがとうね^^。
by hanamaiko | 2008-07-17 02:31 | 京都の写真


祗園祭 ◆宵々々山◆

17日の山鉾巡行から数えて、前日の晩は宵山、2日前は宵々山、3日前は宵々々山となります。
ちょっと疲れてたこともあり、あまりカメラに集中できなかったら、やっぱり駄作ばっかり~(汗)。
でも、少しだけUPしますね。
ひどい夕立があったためか、花舞妓の好きな船鉾も、シートをかぶったままでしたし、提灯にシートがかぶっているものもあり、ちょっと残念でした。

e0061694_1431933.jpg

e0061694_143383.jpg

e0061694_1435618.jpg

e0061694_1441739.jpg

e0061694_1443346.jpg

e0061694_1445343.jpg

e0061694_145163.jpg

e0061694_1453542.jpg


それでも、お囃子が聞けてラッキーでした。
このリベンジは、宵山で!!!
by hanamaiko | 2008-07-17 01:47 | 京都の写真


祗園祭 ◆鉾建て◆

撮影したのは7月12日。UPがたいへん遅くなってしまい、ごめんなさいです。

祗園祭は儀式なので、7月1日から31日まで、どこかで何かやっているのですが、(調べたら卒論くらいにはなるかも・・・)鉾町がいちばん頑張りだすのが、この鉾建てからです。
暑い暑い中、頑張ってはりました。
e0061694_116239.jpg

e0061694_1162390.jpg

e0061694_1164561.jpg

小さめの山はわりといいのですが、大規模な山鉾になると大変です。
e0061694_1175149.jpg

これは船鉾ですね、大きいので骨組みもしっかりと大きいです。
e0061694_1184994.jpg

e0061694_1191313.jpg

みごとですね、これ、手作業ですよ。毎年ながら、本当に頭がさがります。
e0061694_1193627.jpg

e0061694_1203956.jpg

e0061694_1212485.jpg

e0061694_1215744.jpg


山鉾がこんなに大きく山車みたいになったのは、室町時代からだと言われていますが、これだけの準備をしようと思ったら、本当に大変なことでしょう。マンパワーとはこういうことをいうんですね。鉾町のみなさん、お疲れ様でした!
そして、いよいよメインのお祭の始まりです♪
by hanamaiko | 2008-07-17 01:27 | 京都の写真


亀岡ききょうの里

去る7月1日、通院の途中で、「ききょうの里」の旗を見かけました。
亀岡市は京都のお隣ですが、中心地からかなり外れた田舎です。
ん?こんなところに、ききょうの里?去年まであったっけ?!と思いつつ、興味深々で入ってみると・・・

火曜日だったからでしょう、お客さんもまばらで、なんとな~く入りづらい雰囲気。かといって、Uターンして帰れる雰囲気でもなかったので、おじさんに「いまどれくらい咲いてますか?」と聞くと、4分咲きとのこと。「満開よりきれいやで」の言葉にのせられ、結局入ることにしました。

e0061694_793757.jpg

e0061694_710188.jpg


おぉ~、確かにききょうだらけ。そして、確かに4分咲き(笑)。

e0061694_7131178.jpg

e0061694_713303.jpg

e0061694_7135196.jpg


それでも入り口あたりは、鈴なりのききょうが見れました。

e0061694_715369.jpg

e0061694_7152743.jpg

e0061694_7155726.jpg

e0061694_7161972.jpg


だんだん奥へいくと、ききょうが寂しくなってくるかわりに、谷性寺(こくしょうじ)というお寺がありました。明智光秀のゆかりのお寺で、境内には首塚がありました。

あ、そうか~!明智光秀の家紋は、そういえばききょうです。
(なぜ知っているかというと、うちの家紋がそうなのです。)
なるほど、それでききょうの里かぁ~、と納得。

e0061694_7204626.jpg

e0061694_7211697.jpg

e0061694_721516.jpg


ピンクのききょうもあったのですが、まだちらほら咲いたばかりで、色づいておらず、残念でした。
e0061694_7225696.jpg


花舞妓はちっとも知らなかったのですが、京都新聞やラジオで結構宣伝しているようで、それを頼りに来られている方も何人もおられたようです。
来ていた方と、「ちょっと早かったねぇ・・・」などと苦笑しながらの散策でした。

あれから2週間近く。そろそろ見ごろかもしれません。

花舞妓がひそかに喜んだのは、入場料を払ったとき、谷性寺で清めてもらった5円玉をもらいました。それに紐がむすんであるのですが、封がしてあって、家に帰ってゆっくり見ました。
そしたら、ピンクの紐が結んであって・・・「願いは叶う」とありました。
早速、おさいふに入れて、大切にしています。

ブログUPが遅くなってしまいましたが、亀岡ききょうの里のレポートでした♪
by hanamaiko | 2008-07-14 07:34 | 京都の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧