花舞妓の京都いいとこどり


<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



妙心寺(桂春院・大法院・退蔵院)、天龍寺(弘源院・宝厳院)

連休3日目の今日。いかに暇な花舞妓とて、やることもあったのですが、朝から抜けるような青空!暖かい空気。なんだか「出かけないと損ですよ」といわれているような気がして、今日ももみじを見に行ってきました。
e0061694_2252588.jpg

9時の開門と同時に入ったのは、妙心寺。ガイドブックに載っていながら、それほどもみじの名所として聞いたこともなく、穴場やろなぁと思って。
e0061694_2274038.jpg

境内はこんな感じの道ができていて、くるっと一周できるようになっています。そこへ、車は通るは、自転車もくるは、犬の散歩している人までいて、お寺というより、公園みたいな存在になっていました。
まず向かったのは、塔頭の桂春院。
e0061694_2315324.jpg

e0061694_2321057.jpg

拝観、花舞妓と親子連れ計3名。穴場といえど、ちょっと寂しすぎました・・・ぜいたくな話ですが。それと、こちらはあまり色づいていませんでした。ところどころ、でしたね~。
e0061694_2344790.jpg

e0061694_235478.jpg

e0061694_2353025.jpg

次は大法院。「且坐喫茶(しゃざきっさ)」という言葉がパンフレットにありました。
「まぁ、坐ってお茶でも召し上がれ。大法院の庭を眺めながら、一服のお茶を飲むゆとり。心が和む大切なひととき。」とあるように、こちらでは、拝観料にお茶代が含まれていて、まだ人が少ない中、毛氈の上に座って、お抹茶とお菓子をいただきました。
e0061694_2412132.jpg

眺める景色は、広くないお庭なのですが、苔がきれいできもちいいです。
e0061694_2421810.jpg

e0061694_2423540.jpg

ほっこりした後は、退蔵院へ。こちらは少し広めの庭園で、池に映る景色がきれいでした。
e0061694_2444281.jpg

e0061694_245131.jpg

e0061694_2451992.jpg

e0061694_2453436.jpg

e0061694_2455878.jpg

実は初めて行ったんです、妙心寺って。桂春院がまだもみじが青くて、ちょっと残念でしたが、なかなか見ごたえがあって、穴場としていいお寺だなぁという感想です。
JR沿線ということで、ふらっと嵐山へ行ってみることにしました。目指すは宝厳院です。
駅をおりてすぐ、お店で、弘源院と宝厳院の共通チケットというのが発売されていて、まぁ2つ見てもいいかな~と思い、それを購入。わかりやすい地図ももらい、まずは弘源院へ行くことにしました。
e0061694_2535333.jpg

枯山水のお庭があったのですが、ガラス戸がしまっていて、ちと残念。
e0061694_2544730.jpg

e0061694_2553737.jpg

e0061694_2555285.jpg

それほどでもなかったな~、の印象。次は2003年に140年ぶりの拝観となった、宝厳院へ。
ここはすごい人気で、先にチケット買っておいてよかったです。
e0061694_25935100.jpg

苔の海に石の舟がありました。こういう海の作り方って、初めて見ました。
e0061694_313246.jpg

e0061694_314871.jpg

e0061694_32312.jpg

境内、いたるところもみじです!すごくきれい!
e0061694_324222.jpg

e0061694_32579.jpg

e0061694_332113.jpg

e0061694_334334.jpg

e0061694_343100.jpg

庭園を出たころには、チケットを買うさらに長い列ができていました。
こちらは先にチケットを買っておいたほうが賢明かもしれません。
天龍寺には、それこそ見飽きるほど行ったことがありますが、塔頭がこんなに良いとはしりませんでした。いいお庭が見れました。

ひとつだけ、反省なのですが、写真を撮るのに熱心になりすぎて、全体を眺める余裕が持てませんでした。特に最近、記憶力がとても低下していて、写真を見ても、どのお寺だったのか、定かでないものまで・・・。一応ブログにUPしましたが、間違った配列をしていたら、ごめんなさいです。これからもっと、実際の景色もしっかり見ておかなきゃ、と反省の花舞妓です。
[PR]
by hanamaiko | 2007-11-26 03:15 | 京都の写真


南禅寺・永観堂のもみじづくし

大混雑するだろうと思い、今朝は早起きしたのですが・・・5時に目が覚めてしまい、さすがに早すぎて、二度寝してしまって、結局お昼前に蹴上(けあげ)駅に到着しました。昼間はいつもすいている地下鉄東西線が満員に・・・。みんな、目指すは南禅寺と永観堂!
その手前にある、金地院へまず行きました。
e0061694_20102334.jpg

日本史の時間に、金地院崇伝と習ったよなぁと思いつつ、パンフレットによると、足利義持のとき北山に開山した禅寺を、崇伝が南禅寺の塔頭に移建したそうです。枯山水のこじんまりした庭園で、もみじは少なくて、ちょっと残念。
e0061694_2019072.jpg

次は同じく塔頭の、天授庵へ行きました。南禅寺は何度も行ったことがあるのですが、いつも塔頭はスルーばかりだったので、今回はお財布の紐をゆるゆるにして、拝観してきましたよ。
e0061694_20283919.jpg

e0061694_2028546.jpg

これ、とってもおしゃれですよね!枯山水の中に、みどりの橋がかかったみたい。
e0061694_20304950.jpg

こちらはもみじもきれいでした。もう少し人が少ない時期に来て、縁側でぼ~っとしていたいスポットやなぁ~と思いました。
e0061694_20321074.jpg

広い南禅寺の境内は、もみじでいっぱい。ここ数日で色づいたんじゃないかな。
e0061694_20342267.jpg

e0061694_20351042.jpg

e0061694_20353355.jpg

有名な水路閣。明治時代に琵琶湖の水を引くために建設されたのですが、お寺の境内に似合うようデザインされたと聞いたことがあります。
e0061694_20391464.jpg

e0061694_20393242.jpg

e0061694_20425329.jpg

その水道橋の裏手にある、南禅院。山がすぐで、お庭に日差しが入らなくて、少し暗かったのが残念。
e0061694_204254.jpg

e0061694_20422660.jpg

南禅寺本坊にも初めて行きました。狩野永徳や元信、探幽の襖絵が見れました。方丈庭園という枯山水の庭園が有名なのだそうです。
e0061694_20485633.jpg

e0061694_20523634.jpg

疲れてきたな~、どうしようかな~、でもせっかくやし、といろいろ思いながら、永観堂へも足をのばしてきました。こちらは15年ぶりの拝観になります。紅葉を見るのはこれが初めてです。
e0061694_20565688.jpg

e0061694_2057145.jpg

e0061694_20573935.jpg

e0061694_20575786.jpg

e0061694_20582276.jpg

本当にもみじが多くて、真っ赤で、小春日和の日差しをたっぷりあびて、きらきらしていました。
この砂の盛り方、特徴的ですよね。昔見た記憶がよみがえってきました。
e0061694_2101860.jpg

e0061694_214256.jpg

今日のベストショットはこちらで~す。この混雑、お寺のお庭と思えます?
e0061694_2153990.jpg

やっぱりもみじの京都は朝一に限ります・・・つくづく、京都の人気の高さに驚いた花舞妓でした。
e0061694_218451.jpg

盛りだくさんになってしまいましたが、なんとか編集もできたし、今日はゆっくり休みますzzz
ちなみに・・・ちょっと電卓をたたいてみたら、今日の拝観料、〆て2600円なり~!
京都は好きだけれど、拝観料が高いのがたまにつらいです、はい。。。
[PR]
by hanamaiko | 2007-11-24 21:20 | 京都の写真


大徳寺(興臨院・高桐院)

今日は11月23日。例年なら紅葉まっさかりの京都ですが、今年はまだのところが多いみたい。ですが友達がせっかくだから行ってみようと誘ってくれて、大徳寺へ行ってきました。塔頭(たっちゅう)の興臨院と高桐院です。
まずは興臨院。能登の管領、畠山義総(はたけやまよしふさ)と次にその地を治めた前田利家が祀られています。
e0061694_18293028.jpg

きっちりとこじんまりしたお庭に、まずはこころ洗われます。
e0061694_18311917.jpg

小ささがまたいいのでしょうね。もみじもこちらはなかなかきれいでした。
紅葉の写真って、太陽の日差しが写真を左右するように思います。
e0061694_18344728.jpg

e0061694_1835926.jpg

e0061694_18352775.jpg

大徳寺は戦国大名によって建てられた塔頭が多いそうです。
今回は行かなかったのですが、織田信長の菩提寺もありました。
次は高桐院です。
e0061694_18415889.jpg

以前、JR東海の「そうだ京都、行こう。」のポスターに使われたところです。
床もみじもきれいでした~!本当に苔がきれいなお寺でした。
e0061694_1844366.jpg

今日の花舞妓のベストショットかな~?
e0061694_18453047.jpg

もみじの葉がとっても小さくて、赤や黄色がまるでふわふわ浮いているようにみえます。
e0061694_18465363.jpg

e0061694_18572920.jpg

茶室もあります。大徳寺は茶道ととても縁の深いお寺なんですって。
e0061694_18581952.jpg

e0061694_18583842.jpg

小さなお寺なのですが、人気で、すごい人でした。
あと一週間したら、もっときれいかな~と思いつつも、今年初めての紅葉を満喫できました^^
[PR]
by hanamaiko | 2007-11-23 19:01 | 京都の写真


京都駅2007年11月17日 青く輝く?京都タワー

学生祭典として、「大風流(だいふりゅう)」という催しが、京都駅でありました。
ライブや能楽などの催しがあったそうです。
あまり詳しく知らなかったのですが、「京都タワーのライトアップが青くなる!」というひと言だけ知っていて、それを楽しみに、夕方から京都駅へ出かけてきました。
e0061694_22521690.jpg

おぉぉ、青い!!しかもおどろおどろしい!!
なんとなく青魚?病気っぽい?
いえいえ、そんなこと言ってはいけません。この青は、「若さ」の意味が込められているそうですよ。
e0061694_225446.jpg

地下街「ポルタ」にも、ツリーが。。このツリーの上の屋根は開閉して、通りがかったとき、窓から京都タワーが見えましたよ。

烏丸中央口を入ります。
e0061694_2323845.jpg

e0061694_2325615.jpg

改札口を出たお客さんたちを出迎えてくれています。
e0061694_2334867.jpg

e0061694_2341272.jpg

e0061694_2343086.jpg

京都駅ビルって、今年で10周年なのですが、ちっとも古さを感じさせません。
特に夜は、不思議とやすらぐ空間になります。
どの方向からカメラを向けてもおもしろいものが撮れます。アートしてますねぇ~♪
e0061694_237264.jpg

さて、大階段といえば、この季節には、大ツリーでしょう^^
エスカレーターの昇り下りがあり、その横は、大きな階段になっています。
階段をベンチがわりに座ってくつろいでいる人はとっても多いです。
e0061694_2394811.jpg

e0061694_23141038.jpg

今年のツリーもきれいです。毎年同じかもしれないけど、でもそれに安心感を感じます。
でも、雪の結晶の影が壁に照らされていたり、毎年少しずつ変わってるんですよ。
階段の上のほうから見ると、鏡に映ってツリーがふたつ出現です!
e0061694_23161292.jpg

e0061694_23171519.jpg
あまり知られてないのですが、大階段を上りきると、笹が植わっていたり、ちょっとした和の空間があります。そこから、南や西や北の夜景を見ることができます。

京都駅より南の夜景(新幹線ホーム)
e0061694_23202092.jpg

エスカレーターを下りながら・・・
e0061694_23213284.jpg

こんなところに出現、青い京都タワー!
e0061694_23221971.jpg

e0061694_2323101.jpg

そしてそして、最近できた、ビックカメラにちょっと買い物に行っているうちに・・・
ななんと、また元の白い京都タワーに変身!!!
e0061694_2326227.jpg

変わった瞬間を見逃してしまってちょっと残念ですが、どうも20時までだったようです。
白をみると、やっぱり京都タワーは白がいちばんやなぁ~と、きっとだれもが思ったことでしょうね。タワーができて40年ほどの歴史の中、初めての試みだっただけに、それが見れてよかったです。
[PR]
by hanamaiko | 2007-11-17 23:32 | 京都の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧