花舞妓の京都いいとこどり


<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧



葵祭 '07

5月15日は、京都三大祭のひとつ、「葵祭」の日です。毎年雨になることの多い日らしいのですが、今年は気持ちのいい五月晴れのもと、お祭が行われました。

歴史は古く、平安京ができる100年も昔からあるお祭で、下鴨神社、上賀茂神社の祭事でした。昔は「賀茂祭」と呼ばれていたそうです。それが平安のころになると、だんだん華美になり、美しい装束を着た勅使たちが街を練り歩くようになりました。応仁の乱以後、途絶えたこともありましたが、江戸時代に復活し、現代に至っています。「葵祭」と呼ばれるようになったのは、フタバアオイを髪に飾ったからともいわれています。

葵祭は、平安時代の装束がいろいろと見られるのが楽しみのひとつです。
そんな視点で、ぜひご覧下さいね。
行列は京都御所から出発し、下鴨神社を経由し、上賀茂神社へと向かいます。
花舞妓は下鴨神社から上賀茂神社へ行く途中の、賀茂街道で写真を撮りました。

e0061694_18495245.jpg

e0061694_1850574.jpg

e0061694_18501810.jpg

e0061694_18503230.jpg


藤の花で飾った、牛車がやってきました!葵祭といえば、これが見ものです。
綱を持つ稚児さんがかわいらしいです。
e0061694_18524185.jpg

e0061694_1853087.jpg

e0061694_18531665.jpg


花笠、とてもきれいでした。でもとても重そうで、男の人が交代で持ってはりました。
e0061694_18553592.jpg

e0061694_18555460.jpg


女人列がやってきました。やっぱりきれいですよね~♪ほれぼれしてしまいます。
e0061694_18571010.jpg


蓮台の上に座っているのは斎王代です。下鴨神社で身を清める儀式をしはります。
e0061694_1925472.jpg

e0061694_1931037.jpg


緑につつまれた賀茂街道を行く行列は、それはそれはきれいでした。
e0061694_1954997.jpg

e0061694_1974131.jpg

e0061694_198241.jpg


とても笑顔でこちらを向いてくれはりました。ありがとう♪
e0061694_19123897.jpg

e0061694_19133354.jpg


最後にもう一台、牛車がきました。馬は見る機会はあっても、牛はめったにないですものね。
車も豪華で、平安絵巻を見るような思いでした。
e0061694_1915533.jpg

e0061694_19161114.jpg

e0061694_19162547.jpg


京都新聞によると、観光客は2万5千人ほどだったそうです。
花舞妓は15年ぶりに葵祭を見ました。ほんとうにきれいで、感動でした。
体調がよくなかったのですが、頑張って行って、よかったです。
[PR]
by hanamaiko | 2007-05-16 19:22 | 京都の写真


伏見の酒蔵並ぶ運河

仕事のついでがあったので、伏見へ行ってきました。
京阪電車の「中書島(ちゅうしょじま)」駅で降り、案内板を頼りに歩くことにしました。花にさそわれて、運河沿いの道へ・・・。
e0061694_0132438.jpg

十石船がやってきました。お客さんも乗ってはります。いいなぁ、乗りたいな~
e0061694_014501.jpg

e0061694_0155616.jpg

浅瀬が作ってあって、柵もあり、子供たちも安心して水遊びに興じていました。水が恋しい季節ですよね。
e0061694_0162840.jpg

e0061694_0181540.jpg

e0061694_0184099.jpg

e0061694_0185928.jpg

e0061694_0363077.jpg

e0061694_0192762.jpg

柳川に似てるね、と話しながら、柳のみどりの美しさに、こころが洗われるようです。
このあたりは酒造りがさかんで、月桂冠、黄桜など、有名な酒造外社があります。
e0061694_0354063.jpg

e0061694_0342753.jpg

e0061694_036416.jpg

この水郷はなぜできたかというと、豊臣秀吉が、伏見城を建てる際、宇治川から運河を掘ったその跡が、宇治川派流として現在も残ることになりました。
伏見港周辺は、問屋、宿屋、酒蔵などが立ち並び、交通の要所となっていました。米や酒や薪を運ぶのに運河が使われていたそうです。
はじめて知ったときは、なぜ陸地に「港」なんてつくのだろう・・・?と不思議に思っていたのですが、これでやっと謎が解かれました^^。
e0061694_0473152.jpg

「寺田屋騒動」で有名な寺田屋です。坂本龍馬が常宿としていたのですが、1866年に宿を襲撃されたときは、のちの奥さんになるおりょうさんのはからいで、助かったという話が残っています。
e0061694_0592722.jpg

帰り、電車を待って、船と電車を一緒に写してみました。しっかりカメラ小僧してる・・・
川沿いの柳がきれいで、船の行き来や酒蔵の風景をみながらの散策は、とても気持ちがよかったです。伏見ってほとんど行ったことがなく、ちょっと見直しちゃいました。友達が来たら、ぜひ案内したいな~って思ってます。
[PR]
by hanamaiko | 2007-05-02 01:04 | 京都の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧