花舞妓の京都いいとこどり


<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧



祗園祭 還幸祭

3基のお神輿が午後5時頃四条の御旅所を出て、氏子町内をまわり、午後10時ごろ神社へ帰る行事があります。御旅所についたのは6時前。お客さん、ほとんど、ゼロ。警官が片側通行止めにし、車線規制をしているくらいなので、まだ来るはずよねぇ・・・?と蘭と一緒に待っていたら、来ました、きました。先頭を馬が行きます。
e0061694_132771.jpg

e0061694_1323993.jpg

つぎに、お神輿が、大勢のかつぎ手とともに、やってきました。
最前列は子供が引いていました。かわいらしい♪
e0061694_1355946.jpg

e0061694_1363391.jpg

e0061694_136534.jpg


これらのお神輿は、大政所御旅所に寄り、神事を受けます。
e0061694_1385685.jpg

e0061694_247349.jpg
祗園祭の山や鉾はくじをひいて、その巡行の順番を定めるが、17日の長刀鉾はくじをとらず巡行の先頭を進む古例になっている。
その鉾の先にある長刀は三条小鍛治近の鍛えたもので、八坂皇大神の霊威やどるところ、これを拝する人は疫病災難にかからぬと伝えられ、毎年7月15日夕刻この長刀を唐櫃におさめて、長刀鉾町からお稚児さんとともに行列を立て大政所の社にうつし、7月16日に厄除祈願のため一般の人々の拝戴を許す例になっていた。
現在では7月16日午前9時御例祭を執行し、24日夕刻還幸祭に御神輿の渡御がある。
と書かれています。

e0061694_251691.jpg

この方は偉いんでしょうか、輿にのってはりました。
その後ろを、裃つけた方たちが、きれいに並んで歩いてきます。
e0061694_2521636.jpg

☆ちょっと・・・だったこと☆お神輿の担ぎ手さんたち、大政所についたとたん、ふところからタバコを取り出し、ぷかぷかぷか~~~。花舞妓の隣りの人も前の人も、ぷかぷかぷか~~。
けむい、っちゅうに、と思いつつ、祭の合間まで、喫煙ねぇ~なんだかせっかくの伝統あるおまつりなのに、ちょっと残念な気がしてしまいました。
[PR]
by hanamaiko | 2006-07-25 03:01 | 京都の写真


祗園祭 宵々々山(7月14日)

e0061694_1262925.jpg

今年も祗園祭に行ってきました。毎年7月17日の朝から、山鉾巡行があり、その前の晩を宵山といいます。さらに前の晩を宵々山、もひとつ前の日を宵々々山といいます。
前夜祭が何日もあるところが、おもしろいですね。
今日は主に中京区にある山鉾めぐりをしてきました。

e0061694_1365132.jpg花舞妓の今年のちまきは、「役行者山(えんのぎょうじゃやま)」で買いました。
疫病退散のお守りです。やっぱり健康がいちばん、ということで・・・

ご神体が飾ってある部屋です。巡行のとき、山鉾にかけるじゅうたんが飾ってあります。
e0061694_1392288.jpg

e0061694_1404461.jpgてぬぐい屋さんです。去年見たので、今年は中へ入らず外から見ただけですが、粋なてぬぐいを多数売ってはります。手ぬぐいの大きさの額も売っていて、絵として楽しむこともできるみたいですよ。

きれいに飾った町家です。奥におきゃくさんをもてなしてはりました。
e0061694_147468.jpg

e0061694_148392.jpg紫織庵という、じゅばん屋さんがつくってはる町家の美術館へ入ってみました。洋間と和室とがみごとに調和し、とても広くて品のいい作りになっています。

e0061694_1515374.jpg室内はやや照明が落としてあり、フラッシュなしの撮影は厳しくて、ほとんどピンボケばかりでした・・・残念。こんな調度品から、雰囲気が伝われば幸いです。

e0061694_156065.jpgじゅばんが飾ってありました。ろの生地に刺繍がしてありました。薄くてとてもいい品物です。

e0061694_1584590.jpg

北観音山では、お囃子が聞けました。山鉾の上に囃し方たちが乗り、演奏します。
e0061694_1593977.jpg

e0061694_201815.jpg


きれいに飾り付けられた町家をのぞき見ながら、お祭を楽しみます。
e0061694_265138.jpg

e0061694_27168.jpg

じゅうたんのアップが撮れました。
e0061694_210296.jpg

鯉山へ来ました。ここのご神体は、左甚五郎作の、鯉の滝登りです。登竜門、の意味が込められているそうですよ。

e0061694_2191898.jpg

e0061694_2194581.jpg
ご神体の鯉や、西洋風のじゅうたんが飾ってあります。巡行の日はもちろん、山鉾にセットして出発します。

e0061694_2215790.jpg
五条大橋にさしかかった義経と弁慶の故事になぞらえてつくってあります。
e0061694_2262186.jpg

ご神体の弁慶と義経。
e0061694_2283690.jpg


宵々々山でしたが、意外とお客さんも多く、賑やかでした。今年は明日から3連休ということで、もっともっとにぎわいそうな予感です。
[PR]
by hanamaiko | 2006-07-15 02:41 | 京都の写真


観音寺~福知山のあじさい寺~

京都府の北部に、福知山という街があります。福知山盆地で有名です。そこに、観音寺というあじさいのきれいなお寺があります。お隣の綾部からすぐのところです。
e0061694_22364547.jpg

境内といわず、駐車場のほうから、あじさいの木でいちめん花ざかりです。
e0061694_22374793.jpg

このお寺のあじさいは、毎年のように見に行っているのでよくわかるのですが、今年は日照りで花がちょっと終わりがけだったのが残念でしたが、それでも初めて見る人はびっくりするでしょうね。たくさんの種類のあじさいが、本当にたくさんあります。
それでは見ていきましょうか。
e0061694_22431825.jpg

本堂の縁側に座って見える景色です。
e0061694_22441630.jpg

e0061694_22443922.jpg

境内が小高い山になっていて、その山全体があじさいの木でうめつくされています。この日、このお寺に行く予定がなかったので、デジカメを持っておらず、携帯カメラで写したので、ちょっと画像が悪いですが、実際はこの何倍もきれいです。
e0061694_22464898.jpg

e0061694_2247569.jpg

e0061694_22472277.jpg

e0061694_22474286.jpg

本当は、元職場の先輩を訪ねに行く途中でした。道中、看板で「あじさい寺」というのを見て、あぁそういえば観音寺のこと忘れてた、と行ってみることにしたのでした。
先輩はあいにく代休を取ってはって会えませんでしたが、思いがけなくあじさいが見られたのはラッキーでした♪
[PR]
by hanamaiko | 2006-07-03 22:53 | 京都の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧