花舞妓の京都いいとこどり


カテゴリ:京都府の写真( 12 )



広島旅行 2日目

翌日は、昨日よりはいい天気。
朝食は駅で朝マックで済ませ、市電に乗って、原爆資料館へ。
朝日に照らされた、原爆ドームが、過去の惨事を生々しく再現しているようでした。
e0061694_2125412.jpg

花舞妓の両親は、戦時中の生まれというせいもあったのか、子どもの頃は、よく戦争の絵本や本を買ってきたり借りてきたりして、読まされました。
お蔭で、平和の大切さを感じたり、今ちょうど話題の渦中にある、原子力の危うさについて、問題視する大人になった気がします。
平和記念公園は、穏やかに晴れていましたが、昭和20年8月6日には、ここに真っ黒なきのこ雲が立ち上ったのかと思うと、信じられない気がしました。
e0061694_21103690.jpg

禎子さんの話は、学校の教科書で読んだ気がします。
白血病を発症し、病室の薬紙で折り鶴を折った、ということくらいは覚えていましたが、禎子さんは、2歳のとき、黒い雨にあたっていて、その後何年もしてから発症したことは、今回知りました。
井伏鱒二の「黒い雨」も読みましたが、いつ病気に襲われるのだろう、という不安を持ちながらの生活は、本当に怖いし、そのため差別されたりした人たちは、どんなに辛かっただろうと思いました。
去年の東日本大震災でも、そういう差別はあると聞くし、その範囲に住んでいた人たちの不安は、計り知れないでしょう。
そんなことを、この像を見ながら、思いました。
e0061694_21234913.jpg

こうして見ると、ただのアーチに見えますが、実は円筒形にできています。
被爆してなくなられた方が、安らかに眠れるよう、雨露にさらされないように、と書いてありました。
ちょうど、アーチの中に、原爆ドームが見える形になっています。
それは、もう二度と戦争を繰り返さないよう、私たちに静かに語っているようでした。
そのあと、原爆資料館に入りました。
焼け焦げた人の写真は強烈でした。これが本当に人間の姿?と思ってしまうくらい。
水を求めて、太田川に次々と入っていった人たち・・・。
子どもの頃に読んだ本と、目の前の展示物がリンクして、とても辛い気持ちになりました。
核を持たない国なのに、この地震大国に原発があるというのは、やはり危険すぎると思いました。
e0061694_21364861.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここで、ちょっと気持ちをリセット。
さて、また旅気分に戻ります。

市電が、かわいいんですよね。
あ、市電来た!と騒いでは、撮りまくりました。
e0061694_21362954.jpg

e0061694_21371151.jpg

新しい形の市電も。
e0061694_2137462.jpg

市電に乗って、どこへ行ったかというと、お好み焼き屋さん♪
早めのお昼ご飯です。
花舞妓は、珍しいので、そば玉ではなく、うどん玉を注文。
e0061694_2139143.jpg

おいし~い♪
広島って、おいしいもの、多すぎ!!
とか浮かれながらも、時間がないので、次の観光予定地、呉へgo!
大和ミュージアムへまず行きました。
e0061694_21412472.jpg

花舞妓は女だからでしょうかねぇ、あまり興味がわきませんでした。
ふ~ん、くらいに思いつつ、とにかく写真を撮って・・・とばかり思っていたので、説明書き、さっぱり読んでませんので、写真だけ・・・。
e0061694_2143448.jpg

e0061694_21432214.jpg

こんな飛行機に乗って、神風特攻隊とか、してたんでしょうか。
悲しい・・・・・・・。
どうもそういうふうに見てしまうようです。
お向かいの、てつのくじら館にも行きました。
潜水艦の中の様子が見れました。
e0061694_21522722.jpg

e0061694_21525055.jpg

花舞妓はあかんわ・・・、こんな狭いところで、長期間生活できひんわ・・・とか思いつつ、実際乗ってはる人は、偉いなぁ、すごいなぁ、と思ったのでした。
外観は、こんな感じ。ちょっと撮影場所が悪いですが・・・
e0061694_21544419.jpg

それから、見晴らしのいいところに行きたいね、ということで、呉駅からバスに乗り、「アレイからすこじま」へ。
海上自衛隊呉基地で、本物の船や潜水艦が見れました。
e0061694_2158238.jpg

e0061694_21585275.jpg

e0061694_21591632.jpg

e0061694_21593336.jpg

e0061694_21595074.jpg

軍艦というと、舞鶴を思い出すのですが、舞鶴湾はなにしろ日本海なので、厳しいというか、荒々しいイメージがあり、あまり好きではないのですが、さすがここは瀬戸内海、穏やかな印象でした。
呉駅へ戻ります。
e0061694_2215453.jpg

呉駅の、「巴屋」というところのアイス最中がおいしいよ、と昨日Cちゃんが教えてくれたので、しっかり最中も食べて、広島駅へ向かいました。
最中、さっぱりしておいしかったですよ。
今年の広島のメインは、やっぱりこの人でしょうね~。
e0061694_226998.jpg

これからますますいい季節になり、観光客も増えるでしょうね。
M君にとっては、初の広島旅行で、初の広島焼きだったので、それはそれはおいしいと興奮してはりました。
(広島駅で、おやつにまたお好み焼きを食べたほど・・・笑)
家でも作る!ととても張り切っています。
盛りだくさんの、楽しい2日間になりました。
[PR]
by hanamaiko | 2012-03-28 19:55 | 京都府の写真


光明寺の紅葉

11月22日。明日からお天気が崩れるというので、まだ日曜の疲れもあったのですが、長岡京市にある光明寺に一人で行ってきました。ここは初めての参拝です。
やはりここも、まだ見ごろ前で、紅葉は五分といったところでした。
最初のだらだら道はよかったのですが・・・
e0061694_8421813.jpg

その続きは、もみじがこんもり茂っているからか、まだまだ青く・・・
e0061694_843559.jpg

ところどころ、色づいていました。
e0061694_8435827.jpg

e0061694_8442283.jpg

e0061694_8443767.jpg

e0061694_8453654.jpg

本堂です。
e0061694_846463.jpg

開祖は法然上人です。
e0061694_8463153.jpg

e0061694_847422.jpg

e0061694_8471988.jpg

e0061694_8473748.jpg

e0061694_8475361.jpg

ちょうどお昼時だったせいか、観光客は少な目でした。
これくらいゆったり観光できると、京都市内のお寺もいいんやけどなぁ~そうはいかんわなぁ~
e0061694_8491693.jpg

e0061694_8501690.jpg

e0061694_850302.jpg

e0061694_8504563.jpg

境内の最後には、お土産やさんがテントを張り、試食どうですか~、と呼び込む呼び込む。
遠方からの観光客が多いのかな?思わず手渡され、カステラと昆布茶、いただいてしまいました。
断るのが申し訳なくて、普段はいただかないのですが、圧倒されてしまいました(苦笑)。
今年のもみじが真っ赤になるのは、いつなのでしょうね~。
来週あたりに持ち越されることになりそうかな?
[PR]
by hanamaiko | 2011-11-23 08:55 | 京都府の写真


城崎温泉一泊の旅

8月21、22日と、城崎温泉に一泊してきました。
「8月じゃ、まだ温泉は暑いでしょう~」と思っていたのですが、意外や意外、なんと急にこの日だけ気温が下り、外湯めぐりも快適でした。
相変わらず、一泊となると、曇天で、ちょっとびくびくでしたが、夜中のうちに降ってくれて、実際活動している時は降られず、助かりました。

城崎に行く途中に、生野銀山へ寄りました。
e0061694_0482970.jpg

e0061694_0485371.jpg

e0061694_0492420.jpg

e0061694_0494719.jpg

当時の様子を再現したお人形さんもいたのですが、どうも不気味で、ちょっと写真は撮れませんでした。こんな地下深くの作業、それはそれはきつかったろうと思います。
そんな思いだけめぐらせながら、次はダム湖に。
e0061694_0521564.jpg

e0061694_0523263.jpg

ダム湖は放水中でした。
和田山でご飯を食べて、久しぶりに田舎の地道なら大丈夫かなと、花舞妓も運転。
食後、必ず睡魔に襲われるM君は、助手席でぐーぐー。
ちょっと道をまちがえて、但馬空港?へついてしまい・・・山道、大変でした(汗)。
城崎市内に入り、温泉街に突入、なんとか着いて、やれやれです。
チェックインより少し早かったので、先に温泉寺へ。
ロープウェイで行きます。
e0061694_0574934.jpg

e0061694_0581280.jpg

ここは山の中腹にあります。
e0061694_0585612.jpg

頂上まで行くと、なんとかに塚が・・・。
e0061694_10221.jpg

感謝の気持ちからなのでしょうね。
城崎の街の様子も良く見えました。
丸山川の河口です。
e0061694_112955.jpg

旅館に泊まって、浴衣に着替えて、早速御所の湯へGO!
すっごくいいお湯でしたよ~。
広くて、露天との堺もとっぱらってあって、湯のかげんもちょうどいい。
ほっこりなひとときでした。
あとは、ふらふらしながら撮った、城崎の街の様子でも・・・
e0061694_142947.jpg

e0061694_15458.jpg

e0061694_152533.jpg

いちばん最初に入った、御所の湯。
e0061694_16935.jpg

帰ったら、お楽しみの、但馬牛のしゃぶしゃぶ♪
e0061694_172164.jpg

お腹いっぱい食べて、なぜか大河ドラマをゆっくり見て、それからまた外湯へ行こうとなり、今度は柳湯へ。
ちょっとここは暑すぎました。狭い温泉だったので、余計そうだったのかもしれません。
帰り道、射的で遊ぶ人・・・腕前はいかに?!
e0061694_194325.jpg


翌日は、城崎マリンワールドへ。
かわいい海の動物たちをご覧ください。
e0061694_1112682.jpg

e0061694_112194.jpg

ペンギンのお散歩
e0061694_1153412.jpg

イルカとアシカのショーがありました。
魔法使いとその弟子たち、とかいう物語編成になっていて、おもしろかったですよ。
e0061694_1165295.jpg

e0061694_1171852.jpg

e0061694_1181791.jpg

e0061694_1184585.jpg
e0061694_1191451.jpg

さて、帰りは出石に寄って、名物皿そばをたーんと食べてきましたよ♪
e0061694_1201269.jpg

[PR]
by hanamaiko | 2011-09-29 01:23 | 京都府の写真


城陽 鴻巣山公園イルミネーション

今年もやってきました、城陽の鴻巣山公園イルミネーション。
夫M君の趣味でしているバンドがいつも出演するというので、毎年行っています。

毎年、野外ステージはものすごく寒く、毛布や座布団を持って行っても、寒くて座っていられないほどなのですが、今年は天候に恵まれ、例年と比べたら、だいぶ暖かかったです。

広い公園全体が光に包まれ、これで無料ならなかなかいいじゃ~ん、と人気スポットでして、車がとても混むので、花舞妓はいつも電車とバスで行っています。

京都駅から近鉄寺田駅まで出て、そこからメルパルク城陽行のバスに乗り換えます。
M君は先に行って、舞台セッティングなどしているので、一人で行くんですね。
このところ調子を崩していたのもあり、途中から気分が悪くなる始末、ついてすぐ薬を飲み、ほどなく落ち着いたので、やれやれでした。

今年はカメラは、夜景に強いルミさんを持って行きました。
三脚も持って行ったのですが、結局使い勝手がよくなく、手持ちでほとんど撮ってしまいました。
なかなか優れものです。

ぺたぺたと貼っていきますので、ご覧くださ~い☆

e0061694_9441839.jpg

e0061694_9443440.jpg

e0061694_9451349.jpg

城陽の幼稚園から高校、お店などが協賛しています。
e0061694_9464114.jpg

e0061694_947246.jpg

e0061694_9471984.jpg

e0061694_9473692.jpg

e0061694_9475368.jpg

今年のパネルのテーマは、ゲゲゲの鬼太郎。流行りましたもんね~♪
夜見る鬼太郎の世界は、なかなか迫力ありました(笑)。
e0061694_9491382.jpg

e0061694_9493999.jpg

e0061694_9495923.jpg

e0061694_9502092.jpg

e0061694_951791.jpg

e0061694_9513567.jpg

e0061694_9515541.jpg

e0061694_9523171.jpg

e0061694_9524877.jpg

e0061694_9531568.jpg

e0061694_9533458.jpg

e0061694_9535374.jpg

e0061694_954955.jpg


そんな中、野外の舞台では、こんな感じでライブが行われていました~。
M君はドラム担当です。
e0061694_1004932.jpg

お腹と背中にカイロ貼っての防寒対策ばっちりで参加です。
写真のヴォーカルさんは、キーボードの方のお姉さんです。
本当のこのバンドのヴォーカルさんは、40代半ばのおっちゃんでして、今回も「おっちゃんあばれるで~!」と大変元気でした。
頑張れ、おっちゃんバンド!です。
[PR]
by hanamaiko | 2010-12-12 22:25 | 京都府の写真


お弁当持って笠置へ散策

週末はお弁当持って、どこか行こうか、ということになっていました。
でも行先がなかなか決まりません。
朝、Mくんは、最近さらに腕をあげた卵焼きを作り、ウインナーを炒め、おかずを作るのですが、その間、花舞妓はたきたてご飯に、味付きひじきをまぜて、ひじきおにぎりをむすびます。
そのころまでは「鴨川でも行こうか?」と言っていたのに、急に「やっぱり笠置にしよう」と行先変更、急いで出発しました。

橋をこえて、川原のキャンプ場に車を止めました。
e0061694_8583831.jpg

うろこ雲がとってもきれいです。
e0061694_859046.jpg

橋のたもとでは、テントを張ってバーベキューを楽しんでいる人もいました。
花舞妓たちは、巨岩コースという、川に沿った山道を歩いて行くことに。
e0061694_904111.jpg

e0061694_905435.jpg

歩いて行くと、石に彫られた石仏がありました。
e0061694_912860.jpg

東海自然歩道に指定されていて、とてもながーーい道のりのようですが、その入口付近だけ歩きます。
e0061694_922175.jpg

おぉ、あったあった、すごいでかい岩です。
これ、山から落ちてきたんやろか?すごいなぁ、などと言いながら通り過ぎました。
e0061694_932161.jpg

e0061694_93375.jpg

この自然歩道の真横を、JR関西本線が走っているんですよ。
ときどき、こんなトンネルになっていて、めったに電車は来ないので、こっそり撮影です。
e0061694_95770.jpg

e0061694_952440.jpg

川沿いといっても、山のとても高いところを歩いているので、川を見下ろすことができて、眺めはすばらしいです。
e0061694_973144.jpg
e0061694_974933.jpg

こんなすぐ横を電車が走るなんてねぇ・・・ちょっとスタンドバイミー気分で歩いてみました。
e0061694_9104361.jpg

川は木津川なのですが、結構流れが速そうです。
e0061694_9112851.jpg

このあたりで、もう3kmも歩いたと表示されていました。
気候もいいし、景色もいいし、え、もうそんなに来たの?という感じ。
つい先日、動けなくなるほど寝込んだとは思えない復活です。
e0061694_9132920.jpg

車が通れる道に出ました。(でも車は来ませんが・・・)
e0061694_9142233.jpg

だいぶ川までの距離が近くなっているところを発見、しかもそろりそろりと、ちょっと無理すれば降りられそうです。石が平らになっているので、お弁当を広げるのによさそう♪
しりもちをつかないよう、M君に支えてもらいながら、おっかなびっくりおりました。
e0061694_9164215.jpg

えへへ、成功!周囲だ~れもいませんが、(というより、ここまで歩いてくるときに、一人しかすれ違わなかった・・・)おまちかねのお弁当を広げます。
e0061694_918363.jpg

こんな景色を見ながら、おいしいお弁当を食べました。
e0061694_9184138.jpg

ハイキングのときのお弁当って、最高♪
気持ちもの~んびり、自然に囲まれて、こころも今日の空みたいに晴れ渡ります。
さて、また、よいしょ、よいしょ、と手を引かれて道までよじ登ります。
帰りは電車の来る時間を調べてくれて、撮り鉄しちゃいました(笑)
e0061694_9222975.jpg

e0061694_9224544.jpg
e0061694_922583.jpg

あんまりうまくないですねぇ。電車を撮影するのって、難しい・・・。でも、おもしろいかも。
線路が真横なので、ディーゼル車だったけれど、かなりスピードを感じました。
e0061694_924588.jpg
e0061694_9251136.jpg

e0061694_9253033.jpg

もみじがとても多かったので、紅葉したらさぞきれいでしょう。
また紅葉見に来る?な~んて言いながら、帰途についたのでした。
[PR]
by hanamaiko | 2010-10-16 21:49 | 京都府の写真


美山かやぶきの里

9月3日。朝は調子が悪く、お休みしましたが、お昼ごろには復活。そして、「出かける」と。
「大丈夫?」と心配もよそに、「今日は美山に行きたい」と、昼食を食べてから出かけました。

美山は昔、花舞妓は行ったことがありますが、でも合掌造りで有名なかやぶきの里にはたどりつけず、今回はちゃんとネットで調べてから出発。
周山街道(右京区から南丹市を抜けていく山道)を使っていくことに。

道は思ったより良かったけど、距離があって、びっくり。
なにせ山道なので、ゆるゆるカーブを走りながら、行けども行けども京北町を抜けられず・・・という感じでした。京北町も京都市に合併され、「ここが市内なんて?!」というところだらけでした。

こちらの道の駅で、少し休憩を入れまして・・・
e0061694_11291790.jpg

また車を走らせて、ようやく美山に到着♪
かやぶきの里北村というところに来ました。
e0061694_1130219.jpg

e0061694_11304290.jpg

稲がいい感じです。刈り取りも近いのでしょう。
e0061694_11313073.jpg

とんぼもいました。
e0061694_1131586.jpg

地図を見て、ざっと散策することにしました。
e0061694_11324852.jpg

このポストが似合いますね。
e0061694_11333811.jpg

柿も青く実っていました。
e0061694_11345190.jpg

e0061694_1135233.jpg

かやぶきの屋根を下からみると、こんなふうに断層になっているのがわかります。
中のほうは、かなり新しいわらみたいですね。
e0061694_11371819.jpg

e0061694_11374375.jpg

屋根もいろいろ。見どころいっぱいです。
e0061694_1138206.jpg

e0061694_11384850.jpg

とおみ、が置いてありました。
実は昔働いていたころ、これを実際使っているお年寄りの方の手伝いをしたことがあります。
江戸時代に発明された、と習ってはいたものの、現在も大切に使っている人がいるとは・・・と目を丸くして驚いたのを思い出しました。
e0061694_11435120.jpg

「何やろね~?」と二人いぶかしげに眺めたのは、これです。
e0061694_11451456.jpg

後でパンフレットで調べたら、「あわ」なのだそうです。
稲の繊細さと比べると、ちょっとグロテスクな感じがしてしまいました。。。
やっぱりお米は何にも勝る穀物ですね。
さて村の奥にある、鎌倉神社へ。
e0061694_11491321.jpg

小高いので、眺めがいいです。
e0061694_1150782.jpg

e0061694_11505223.jpg

駐車場に帰ってくるころには、バスで団体さんがやってきました。
花舞妓たちは、売店でお団子を買って、お店の前でぱくぱく。
茶色いのが「きび」団子です。
いい宣伝になったでしょう(笑)。
e0061694_11535398.jpg

帰り道、空がとってもきれいでした。
e0061694_11555984.jpg


新しいカメラに不慣れで、ブレているのかどうなのか、?でしたが、意外と撮れているもので・・・
でも、接写は寄る距離がぜんぜんわからず、シャッターがきれないままだったりと、まだまだ感覚がつかめていないことはたくさんです。
ぼちぼちつかんでいけたら、と思います。
[PR]
by hanamaiko | 2010-09-04 12:03 | 京都府の写真


夏の旅行in京都府北部(1日目)つづき

伊根町をあとに、今度は与謝野町へ。ここは市町村合併の前は、野田川町と呼ばれていました。
そこの、15万本のひまわり畑を見に、どうしても行きたくて。
このあたりは、昔、花舞妓のテリトリーだったので、M君のナビがなくても走れます。
なので、その間、M君にはうとうと居眠りタイムにしてもらい、花舞妓が運転しました。
京都市内と違い、やっぱり田舎は走りやすいです。

海水浴客で、もっと渋滞するかな?との予想はうまく外れ、快適なドライブ。
あっという間に目的地にたどりつきました。

おや?でもこれはもしや、北っ側?
e0061694_1493022.jpg

みんなそろって、背を向けてお出迎え。
これほどそっぽ向かれると、ちょっとがっかり・・・でも、南側へ回ればいいんです!
しかし、向日葵って、本当に太陽を追っかけて咲くのがよくわかりました。

e0061694_14114131.jpg

ひまわりの顔、見れました♪すごいです、すごいです、大迫力!
黄色って、なんだか元気がでますよね。
いろいろな表情をお楽しみください。
e0061694_14134797.jpg

e0061694_14142251.jpg

e0061694_141575.jpg

e0061694_1416845.jpg

e0061694_14205033.jpg


すぐ隣では、どろんこになって、ビーチバレー大会が行われていました。
花舞妓たちは、射すような暑さに勝てず、ささっとひまわり畑を見て、建物内に避難、避難・・・。
e0061694_1425892.jpg


ここから運転を代わってもらい、鳴き砂で有名な、琴引浜へ行ってみることにしました。
そしたら、駐車場が1日千円だそうで、ただ少し浜を見たかった花舞妓たちは、その旨伝えると、ただで停めさせてもらえました。でも、5~10分で帰ってくるよう、しっかり言われましたが・・・^^;
e0061694_14282029.jpg

e0061694_1429082.jpg

鳴き砂も、砂が汚れて、今はキュッキュとはいいません。
自然保護活動もされているとのこと、また本当の鳴き砂に戻るといいですね。

あまりに暑いので、3時のチェックインを待って、予約していた民宿へ。
宿は前々日に急いで予約を入れたのですが、前日になり、「小学生の団体さんが、半端な人数でなく入ってしまったので、そうぞうしいやろうし、ご迷惑になりますので、同じ系列の旅館のほうをご案内させていただきますが、それでよろしいでしょうか?」とのこと。
もちろん、そんなラッキーな話はないと、快諾して、民宿から旅館へ案内してもらい、そちらで一泊することになりました。

京丹後市網野町小浜というところにある、浜からすぐの旅館で、立地抜群!
しかも窓からは、少しですが浜が見えるというすぐれもの。
広くきれいな部屋へ案内してもらうと、お風呂が(海水浴客で)混む前にと、天然温泉につかって、一休み~。

夕食前、まだ時間があったので、浜へお散歩に。
泊まった旅館もすぐ見えます。
e0061694_14364882.jpg

雲が多く、夕日は見れませんでしたが、でも夕方の海も、幻想的♪
e0061694_14384655.jpg
e0061694_14392921.jpg
e0061694_14401479.jpg
e0061694_14403263.jpg

e0061694_14411490.jpg


夜は、お魚のおいしいお料理をいただきました。
e0061694_1443565.jpg

民宿料金で泊まれたので、お一人7500円+入浴税200円也!お得~♪
二人とも疲れていたので、小学生並みの早さで寝てしまいましたよ(笑)。
[PR]
by hanamaiko | 2010-08-05 14:48 | 京都府の写真


夏の旅行in京都府北部(1日目)

「暑いね」「海でも見たいね」「8月1、2とお休みとれたし、どこか行く?」と、急に話がまとまり、京都府北部の丹後半島へ、一泊二日で行くことになりました。

まずは天橋立ビューランドから、龍が空に昇って行くように見えるという飛龍観を見に、リフトで上がりました。
e0061694_312286.jpg

きれいですねぇ~。海の色がもっとさえていたら、なおよかったけど、お天気がよくて、よかったです。
公園は、小さい子向けの遊園地にもなっているのですが、大人はちょっと・・・。
でも花はきれいに咲いていましたよ。
e0061694_3162056.jpg

踏切を渡り、文殊堂、天橋立のほうへ。
e0061694_3172991.jpg

まだ朝早いので、すいている知恵の文殊堂。
e0061694_3231898.jpg

e0061694_32344100.jpg

扇形のおみくじが境内の木に結び付けられていて、風情ありました。
e0061694_3261889.jpg

さて、天橋立のほうへ歩いて行きましょう。
いかしたおっちゃんが、ボートで釣りへお出かけです。
e0061694_3291853.jpg

浜辺には、もう海水浴客が。
e0061694_331399.jpg

e0061694_3325612.jpg

おっと、メインは松並木でしたね。うっかり撮るのをわすれそうでしたよ。
e0061694_334185.jpg

そしてお楽しみの知恵の餅。門前にお店が数件あります。赤福に似ています。
e0061694_3353314.jpg

e0061694_341423.jpg

e0061694_3423522.jpg


お次は、伊根の舟屋見学へ。
遊覧船に乗ることにしました。
e0061694_337493.jpg

海には、定置網が設置してあったり、舟屋が見えたり、釣りを楽しんでいたり、お客がやるかっぱえびせんを食べにかもめがおっかけてきたり、いろいろ楽しめましたよ。
e0061694_344220.jpg
e0061694_3445364.jpg

e0061694_3464285.jpg

e0061694_348174.jpg

e0061694_3491480.jpg

e0061694_3512410.jpg


船をおりた後、小高い山の上に、舟屋の里公園があり、そこへ行きました。
e0061694_3532998.jpg

そこにあるお店で、海と舟屋を見ながら、海鮮丼でお昼ご飯♪
e0061694_3544238.jpg

食後は、下の伊根小学校に車を置かせてもらい、ちょっとだけ岬散策。
イカ釣り船がありました。
e0061694_3561049.jpg


ここまで書いたら、画像が大きくなりすぎて、アップロードできなくなったので、続きは次ページへ!
[PR]
by hanamaiko | 2010-08-03 03:58 | 京都府の写真


宇治へハイキング

5月のGWに、M君がどうしてもお出かけしたというので、花舞妓的には、かなりしんどくて、行きたくないなぁ~と思っていたおですが、せっかくの連休ですし、電車で行く予定を急きょ車で行くことにして、出かけてきました。

M君は京都府内の抜け道に詳しいので、あっという間に宇治に到着。
今日もM君お好みのお弁当を持参してのハイキングです。

お天気がよかったので、宇治川もきれでした
e0061694_1212814.jpg
e0061694_1221824.jpg
e0061694_122551.jpg

今日もおいしそうなお弁当♪
e0061694_124392.jpg

ご飯を食べたら、急な眠気が・・・・・!
思わずレジャーシートにごろんと横になってしまい、動けなくなってしまいました。やばし!!

でも、いつまでもごろりとしている訳にもいかないので、少しずつ歩いて行くうちに、やや調子も上向きに~♪

そんなときにでも、撮影は忘れずする花舞妓です。
e0061694_1324869.jpg
e0061694_134148.jpg

e0061694_1381092.jpg


宇治上神社行ってきました。
世界遺産らしいです。
e0061694_1405576.jpg


宇治川の上流の、月ヶ瀬ダム
e0061694_143428.jpg

e0061694_1444558.jpg


ぱそこんの調子がめちゃ悪なので、省略して、、宇治川ラインを通って、琵琶湖へやってきました。
e0061694_1465992.jpg


このころには、花舞妓の具合もよくなり、思い切って出かけてよかったね、と楽しい1日になりました。
[PR]
by hanamaiko | 2010-07-16 01:51 | 京都府の写真


保津峡~高尾へ

11月23日祝日。数年前にも、同じコースを紅葉の季節に歩いたのですが、そのときの気持ちよさと景色のよさが忘れられず、今回は彼と一緒に歩いてきました。
JR保津峡駅で下車すると、駅付近からはこんな景色が広がります。
e0061694_03574.jpg

保津峡駅が、鉄橋の上にあるんですね~。
e0061694_04519.jpg

保津川下りの舟が、ゆるゆる下っていくのが、風情あります。
e0061694_05582.jpg

e0061694_05185.jpg

少し行くと、トロッコ保津峡駅があります。いいところへトロッコ列車がやってきました!
e0061694_063924.jpg

昔の山陰線は、このトロッコ列車の線路を使っていたそうです。トンネルが多いけれど、とても景色が良いのですよね。久しく乗っていませんが、春になったら、いちどトロッコ列車に乗るのもいいかも~、と思いつつ、今日は沢あるき~♪
e0061694_011054.jpg

魚が泳いでいるのが見えましたよ。こんな景色の中、岩の上で、お弁当。
花舞妓がおにぎりを作り、彼が玉子焼きとウインナーとスパゲティを持ってきてくれました(笑)。
e0061694_0152337.jpg

e0061694_015445.jpg

清滝の橋が見えてきました。
e0061694_0171366.jpg

e0061694_017308.jpg

持ってきたお菓子を、休憩しながら食べました。
それにしても、いい景色です。
川のひんやりした空気が、とても気持ちいいです。
e0061694_0215021.jpg

高尾に向かっていく途中です。そうそう、こんな景色があったなぁ~、と数年前の記憶がよみがえってきます。
e0061694_0233582.jpg

紅葉は前に見たときのほうがきれいだった気がします。今年は、もう散ってしまっている木やまだ紅葉していない木など、ばらつきが目立ちました。
e0061694_0253382.jpg

高尾の神護寺に行きました。石段がすごくって、息がきれて、大変でしたが、やっぱりここまで来たら、行かなきゃね。
e0061694_026991.jpg

e0061694_0315032.jpg

京都市内からほんの一歩出ただけで、こんな自然あふれる景色に出会えるところが、京都のよさの一つでしょうね。本当に充実した楽しい一日になりました。
[PR]
by hanamaiko | 2008-11-30 00:45 | 京都府の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧