人気ブログランキング |

花舞妓の京都いいとこどり


2006年 04月 10日 ( 1 )



醍醐の花見

e0061694_857910.jpg「醍醐の花見に行きたい!」と今年は強く思っていました。なので友達を誘って、きっと観光客でいっぱいなのは覚悟の上で、行ってきました!いつもは人ごみを避けてお花見に行くのですが、ちょっと秀吉気分を味わってみたかったのです。

醍醐寺は、下醍醐、上醍醐とわかれているそうです。本当に広いお寺で、その間徒歩で1時間ほどかかるとか・・・。ハイキング気分でなければ行かれないそうですよ。
e0061694_8593273.jpg

時間が遅かったので、下醍醐のみ、金堂だけいくことにしました。三宝院は満員で、次回にまわすことにしました。
e0061694_93317.jpg

e0061694_932634.jpg

e0061694_951584.jpg

桜の種類がよくわからないのですが、大きく、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜とあるようでした。
e0061694_981512.jpg

国宝の金堂も、行列をつくって拝観しました。
e0061694_910012.jpg
橋のたもとでは、お茶席もあり、お抹茶をいただきました。これが楽しみ♪

この先行くと、上醍醐寺に行けるそうです。ね、こんなハイキングみたいな景色になっちゃったでしょ?その向こうは滋賀県に抜けられるそうです。
e0061694_9131657.jpg

さすが醍醐の桜というだけあって、どっちを向いても桜でいっぱいです。
e0061694_9161039.jpg

e0061694_917187.jpg

e0061694_917363.jpg

立派な五重塔がありました。
e0061694_91855.jpg

e0061694_9194328.jpg

桜って、いいですね。花舞妓は桜とともに、毎年一つ歳をとります。だからでしょうか。桜がとてもいとおしいのです。
e0061694_920326.jpg

e0061694_9365825.jpg

e0061694_9232912.jpg
桜のトンネルの道を帰りました。お客さんそれぞれ、とても楽しそうに見えました。桜の持つ魅力って、すごいものだと思います。ほんの一瞬の美しさだからでしょうか。
今年の桜はあちこちで存分に楽しむことができて、本当によかったなぁと心から思いながら帰途につきました。
by hanamaiko | 2006-04-10 09:30 | 京都の写真

    

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧