花舞妓の京都いいとこどり


お正月の銀閣寺

どこへ行こう?どこへ行こう?と悩んだ末、両親とも久しく行っていない銀閣寺にいくことにしました。お正月なので、電車やバスなども込みで、どれくらいの混みようなのか、ちょっと心配でしたが、思い切っていってきました。

銀閣といえば、この垣根がまず出迎えてくれますよね。5メートルくらいあると聞いたことがありますが・・・母親が何十年か前に来た時からかわりないそうです。
e0061694_42222100.jpg

銀閣寺にある、砂のプリン。向月台というそうです。それにしても、完璧な形をしていますよね。プロの職人さんが毎月形を整えているとはいえ、ここまできれいだと、感動します。
しかも、砂、ですよ。銀閣は月夜がいちばん美しいとされていて、その光を反射させる意味があるのでしょうね。このプリン(失礼!)が、花舞妓は大好きです。
e0061694_4285836.jpg

プリンの下に広がるのは、銀沙灘(ぎんしゃだん)。あぁ美しい~!
e0061694_431535.jpg

この位置からだと、逆光になってしまって、銀閣は写らなかったのですが、てっぺんの鳳凰がきれいに写りました。
e0061694_4322315.jpg

e0061694_432417.jpg

e0061694_433977.jpg

銀閣寺は遊び心がありますね^^。
e0061694_4335222.jpg

e0061694_4341544.jpg

e0061694_4343747.jpg

苔ならなんでもいいのかと思ったら、大違いでした。それにしても、こんなに種類があるとはね。
e0061694_4354465.jpg

銀閣とともに国宝の、東求堂です。地味でたいていの人は見逃してしまうのですが、書院造の典型例となったとされています。
そのあたりから、ずっと石段が続き、頂上からの景色です。
何度見ても、きれいだなぁ~と感動します。銀閣寺のお庭のつくりは絶品だと思います。
京都はお寺多しといえど、これほど人をひきつけ、楽しませてくれるお庭も数少ないと思います。吉田山がきれいに見えてますね。
e0061694_4441172.jpg

最後に、銀閣のおきまりポーズでおわりで~す♪
e0061694_4461926.jpg

適度な観光客で、交通事情もよく、両親にも満足していただけました。あ~、よかった~^^。
[PR]
by hanamaiko | 2008-01-10 04:52 | 京都の写真

<< 京都・東山花灯路 '08      初詣 >>

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧