花舞妓の京都いいとこどり


北野天満宮の梅

「東風吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」
なんて切ない歌なのでしょう・・・。和歌にうとい花舞妓でも、ぐっときてしまいます。
今日はそんな菅原道真を祀った、北野天満宮へ梅を見に行ってきました。
e0061694_22155145.jpg

今日もお天気がよくて、青空に梅がよく映えます。
e0061694_22194284.jpg

e0061694_22195921.jpg

e0061694_2223743.jpg
梅苑の一部は、秀吉が築いた「御土居」がのこっていて、谷のように起伏にとんだ地形になっています。今日は梅苑の高いほうから低いほうへ歩いていきました。茶店があって、そこでまず、梅昆布茶とお菓子をいただきました。お菓子も紅白になっていて、きれいです。

さて、梅の谷を下っていきます。
e0061694_22241794.jpg

e0061694_22244321.jpg

e0061694_2224588.jpg

e0061694_22251697.jpg

ほんのり甘い香りがあたりをつつんで、いい気分。
香りも紹介できたらいいのになぁ。
梅苑の中に、川が流れています。紙屋川というそうです。紙すきに利用していたので、その名がついたそうです。この川沿いにはもみじが植わっていて、秋には紅葉がきれいだと看板にありました。今日はとっても春らしい風景ですね。
e0061694_22262663.jpg

さて境内のほうへ戻ってきました。
なで牛さんもあちこちにみられます。
e0061694_2229487.jpg

e0061694_22301165.jpg

一緒に行った母親もとても喜んでくれて、いい観光になりました。
花舞妓も久しぶりに大きいほうのカメラ(一眼レフ)で撮影できて、楽しかったです。
あの、パシャっておりるシャッターの音が、なんともいえず好きです。
あとはもう少し使いこなせたらな~~と思っています。
e0061694_22335840.jpg

[PR]
by hanamaiko | 2007-02-26 22:36 | 京都の写真

<< 京都東山花灯路~産念坂と八坂の塔      渡月橋ぶらぶら >>

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧