花舞妓の京都いいとこどり


一乗寺~修学院 2012年

11月18日。
花舞妓は、一乗寺界隈の紅葉が大好きで、何度も行ったことがあるのですが、M君は、昔よくお散歩には来ていたけど、お寺を拝観して紅葉を見たことはない、というので、今年は一緒に出掛けることにしました。
一乗寺に来たら、まずこれですよね~。
一乗寺下り松。
e0061694_15494684.jpg

ここを右に折れて、金福寺へ向かいます。
このお寺は、入口がシンプルながら、とてもすばらしい。
e0061694_15505986.jpg

この一本のもみじが、ほーんと素敵なんですよね。
e0061694_15513587.jpg

e0061694_15514919.jpg

まだ散ったばかりの、ふわふわのもみじ。
e0061694_15522583.jpg

e0061694_15525035.jpg

玄琢では、まだまだ真っ青のもみじが多かったですが、ここ一乗寺は、まさに見ごろといった感じ。
なんてラッキー♪
e0061694_15541392.jpg

しかも、まだ朝だったことと、来週くらいに出かける予定にしている人が多いみたいで、今日はまだお客さんもまばら。
e0061694_1557778.jpg

一乗寺は今が見ごろですよ~、と教えてあげたいくらいでした。
e0061694_15574656.jpg

ここは、境内が山になっていて、少し小高いところへ登ると、市内が見渡せます。
e0061694_15584418.jpg

与謝蕪村とゆかりの深いお寺で、お墓もあるんですよ。
e0061694_15593123.jpg

小高いところから境内を見下ろすと、とてもきれいです。
e0061694_1602023.jpg

木に残っているもみじと、散っているもみじのバランスが最高だったと思います。
e0061694_1611544.jpg

ふわふわ・・・
e0061694_1614692.jpg

お寺の中も拝観できます。
ゆかりのあった人の資料も展示されているのですが、花舞妓はもっぱら写真ばかり撮ってました~。
e0061694_1642834.jpg

さつきの頃来ても、きれいでしょうね。
e0061694_16521.jpg

ほんと、このお寺は、あまり知られていないけれど、とてもお勧めです。
e0061694_1655260.jpg

e0061694_1665448.jpg

次に、詩仙堂へ行きました。
ここは、以前紅葉の散策で来たとき、スルーしてしまったので、今回の拝観が楽しみです。
e0061694_1681747.jpg

真夏に来たときを思い出します・・・
この白砂が、目に射すように痛かったことを・・・
やっぱり訪れる季節って、大切ですね。
e0061694_16104094.jpg

緑ともみじの対比がすごく美しい。
e0061694_16112557.jpg

ここは獅子脅しの発祥とかなんとか・・・
e0061694_16121692.jpg

詩仙堂は、入口は狭いのに、お庭はとーっても広いのです。
e0061694_16124997.jpg

なんかいい感じなので撮ってみました。
e0061694_16133013.jpg

赤いところあり、黄色いところあり・・・紅葉と一口に言っても、その色合いは様々で、目を奪われます。
e0061694_16142995.jpg

絵葉書にありそうな写真^^。
e0061694_16151543.jpg

さすがに詩仙堂は、金福寺よりは人も多かったけれど、ちょうど団体さんと入れ違いになったので、わりとゆったり拝観することができました。
次は、圓光寺です。
e0061694_16173357.jpg

これ、水琴窟なんですよ。風流ですね。小さいですが、いい音色をしていました。
e0061694_16181094.jpg

岩がありますが、牛に見えますか?
e0061694_16194178.jpg

もう、辺り一面、もみじ一色、すばらしい景色に見とれていると・・・なーんと雨が!!
e0061694_16204749.jpg

ちょうど建物の中にいたので、しばし雨宿りします。
e0061694_16212461.jpg

しばらくしたら、運よく雨もやみました。
建物の中にいるときで、ほんとよかったね~、と二人にっこり。
e0061694_16225918.jpg

額縁に入った絵みたい。
e0061694_16232935.jpg

どこを撮っても絵になります。
e0061694_1624553.jpg

お庭もぐるっと回ってきましたよ。
e0061694_16243866.jpg

雨が降った後なので、もみじがきらきら光っていました。
写真以上に実際は素敵でした。
e0061694_1625107.jpg

苔の上に散ったもみじ。ふわふわです。
e0061694_16262340.jpg

青空が戻ってきました!
e0061694_1627439.jpg

その後曼殊院まで歩き・・・
e0061694_1627417.jpg

今回はここをスルーすることに決めました。
e0061694_16283178.jpg

曼殊院までの坂に、なんと突然、白バイがだだだーっとやってきて、路駐し、何があったのか白バイ隊が坂を上っていきました。
e0061694_16303193.jpg

すぐ戻ってきたようでしたが・・・どうしたんやろ?何があったんやろ?近所まで来たから、もみじ見に来たんちゃうん?とか言いながら、この珍しいバイク風景を写真にこっそり収めたのでした。
鷺森神社を通り過ぎ、修学院へ。
この風景、和みますね~。
大好きです。
京都の古き良き時代が垣間見れるというか・・・。
e0061694_1633375.jpg

なにやら由緒ありげな山門の前を通り過ぎ・・・
e0061694_16335236.jpg

赤山禅院へ。
e0061694_16352759.jpg

ここまで来たのは初めてです。人もほとんどいません。
e0061694_1636865.jpg

e0061694_16362858.jpg

e0061694_16364474.jpg

面白いものをいくつか発見。
七福神がいたり・・・
e0061694_16373178.jpg

昔のポンプ車があったり・・・
e0061694_16375821.jpg

調べたら、ここは延暦寺の塔頭なんですって。
滝があって、修行できるようになってたりしました。
e0061694_16393774.jpg

修学院駅までの帰り。独特の田舎風景がいい感じです。
e0061694_16404612.jpg

畑では、京水菜が栽培されていたり・・・
e0061694_16412959.jpg

一乗寺~修学院を満喫した一日となりました。
[PR]
by hanamaiko | 2012-12-05 16:48 | 京都の写真

<< 京都府立植物園イルミネーション...      鷹峯 2012年 >>

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧