花舞妓の京都いいとこどり


丹波陶器祭 2012年

10月21日。快晴!
兵庫県丹波篠山の立杭というところに、丹波焼という焼き物の里があります。
毎年、10月中旬の土日にかけて、陶器祭が行われているのですが、今年も行ってきましたよ~♪
とても風光明媚なところで、そこに窯元が集まっているのですが、お天気がいいと、ただ散策しているだけで、ほんっといい気持ち。
去年も快晴の中、いろいろ見て回ったのですが、あまり陶器に興味のないM君も、田舎歩きがとても楽しかったようで、また来年も行きたい、とお天気になることを楽しみにしていたのでした。
念願かなって、今年もぬけるような秋晴れの中、朝7時半に家を出て、丹波に出発です。
末晴窯という窯元さんへおじゃまします。
e0061694_16423637.jpg

出迎えてくれていたのが、この陶器のねこさんでした。かわいい^^。
e0061694_16382661.jpg

つばめの絵柄のお皿を買いました。ここの窯元さんは、丹波焼の中でも、斬新な感じの陶器が多くて好きです。
入り口には、こんな鉢も・・・お手製でしょうね。
e0061694_16415774.jpg

e0061694_16421967.jpg

e0061694_16435434.jpg

e0061694_16441069.jpg

ゆるゆる他の窯元も見て歩きます。
こんなのも、似合いますね^^。
e0061694_16445277.jpg

立杭(たちくい)ってどんなところかっていうと、こ~んなところ!
e0061694_1645449.jpg

山間の村です。
旧家ばかりです。
e0061694_16473443.jpg

こういう風景って、たまに見るから、いいんですよね~。
e0061694_16483280.jpg

お祭りの期間だけ、巡回バスが出ていて、催し物会場と、陶の里(すえのさと)という、各窯元がブースで出店している会館があり、その間を行き来してくれます。
催し物会場は、わりとお手軽な値段の品を置いているので、見に行き、そこで揃えたかった品をだいたい買い整えました。
その会場では、しし汁や、おこわ、つきたてお餅など、いろいろ土地の名産が売られていて、それらでお昼ご飯にしました。
また、バスに乗り、窯元の中心街のほうへ行くことにしました。
蕎麦の実演販売をされていました。
e0061694_1654418.jpg

おしゃれな店の看板。
e0061694_1655889.jpg

陶器って、器に限ったもんじゃないんですよね。
こんなかわいいものも。
e0061694_16554929.jpg

e0061694_16561027.jpg

たわむれる子犬が超かわいい!
e0061694_16564023.jpg

趣のある窯元。
e0061694_16581362.jpg

洗濯の干しかたも、田舎ならでは。
e0061694_1658443.jpg

これまたかわいいオブジェ発見!
e0061694_16591480.jpg

e0061694_16593888.jpg

いつもの仕事場も、今日は一休み。
e0061694_1701420.jpg

上のほうに、家を見つけたので、行ってみることに。
e0061694_1704462.jpg

階段を登ります。
e0061694_1744671.jpg

そこには秋がありました^^。
e0061694_1753489.jpg

しかも、お部屋で喫茶室をされている様子。早速入ってみました。
座った席が、ちょうど窓際で、景色が最高でした!
e0061694_1782626.jpg

いいでしょ~、こんな景色見ながら、お茶ですよ~。
季節もいいので、窓は開け放したままです。
e0061694_1792074.jpg

お部屋の感じも、いい感じ。
e0061694_1795634.jpg

すっかりほっこりして、外に出ると、お花がきれいに咲いていました。
e0061694_171054100.jpg

お庭にさりげなく置かれた陶器たち。
e0061694_17114451.jpg

e0061694_17121474.jpg

e0061694_17124125.jpg

いのしし親子、かわいい。
e0061694_17131494.jpg

歩いて行くうちに、登り窯がありました。
e0061694_1714363.jpg

e0061694_17142632.jpg

まだまだたくさん窯元はあるんですが、もういっぱい買ってしまったので、今回は寄らずに帰ります。
e0061694_17153871.jpg

e0061694_1716039.jpg

e0061694_17162232.jpg

e0061694_1716382.jpg

早く行って早く帰ったので、渋滞に巻き込まれず、順調でした。
さて、どんな陶器を買ったのか・・・気になる品物の発表で~す♪
まず、花舞妓のお茶碗。
去年もお揃いっぽいので買ったのですが、完全なお揃い版を今年見つけたので、小さいほうだけ買い足しました。
e0061694_17204386.jpg

そして、箸置き。丹波名産、黒枝豆です
e0061694_17211937.jpg

サラダ用のお皿が欲しかったので、これを選びました。
e0061694_17225043.jpg

取り皿にと買った、つばめ皿。
e0061694_1724991.jpg

つばめがかわいいんです。
e0061694_17244510.jpg

パスタ皿を去年一枚だけ買ったんですが、それがとても使い勝手がよく、今年同じのを探したけど、デザインがちょっと割れやすそうなのに変わってしまっていたので、代わりにこれを選びました。
去年のより一回り大きいので、M君用のとして使ってます。
炒め物などを盛るのにも大活躍。
e0061694_17273267.jpg

これは、お客さん用の湯飲み。
や~ん、いい色~!と趣味で買っちゃいました。
e0061694_17281640.jpg

陶器祭に行くにしたがい、家のお皿は、丹波焼の器が増えているところです。
みな、フル活動してくれていて、色合いも統一でき、いい感じで食卓を彩ってくれてますよ。
[PR]
by hanamaiko | 2012-11-19 17:37 | 他府県の写真

<< 時代祭 2012年      徳島一泊旅行 2日目 >>

花舞妓的京都ガイドブックです。京都を旅した気分になっていただければ幸いです。「京都WEB!花舞妓」の1ページとしてリンクしています。
by hanamaiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
京都WEB!花舞妓へのご招待
このブログは、京都案内を中心としたHPの1コンテンツになっています。四季おりおりの写真をUPしていますので、京都へお散歩に来た気分になっていただければ幸いです。

ぜひ、おこしやす♪

「京都WEB!花舞妓」へはここからお入り下さい
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧